平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

朝、スッキリ目覚めるための3つの方法|朝の目覚めに必要なものとは

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回は朝、スッキリ目覚めるための裏技を3つ紹介します!

 

「毎朝起きるとなかなかベッドから出れない」

こういう悩みってだれにでもありますよね。

でももしあなたが起きてから1時間近くベッドから出ることができないのであれば、いまの睡眠を見直さなければいけないかもしれませんよ。

こんなあなたにオススメ!
  1. 夜11時に寝ても朝起きれない
  2. 朝起きると決まって頭がぼーっとする
  3. 目覚ましのアラームがウザい

 

起床後、頭のぼんやり感がずーっと抜けない人は、睡眠障害とか睡眠不足の可能性があるんです。

もし夜更かしをしていないのに朝起きれないのであれば、これから紹介する目覚めの方法ですぐに解決するはずです。

 

それでは。

いってみましょう!

 

自然な目覚めに必要な2つの知識

朝スッキリと目覚めるために、あなたが最低限知っておいて欲しいことがあります。

自然でスッキリした目覚めに必要な知識とは、あなたが自然に起きる仕組みあなたの睡眠サイクルです。

 

この2つはあなたの毎朝の目覚めに避けては通れない知識なので、サクッと理解しちゃいましょう!

仕組みとかサイクルとか言ってますが、意外とシンプルなことなので心配しないでくださいね。

 

カラダが目覚めは”体内時計”が管理

体内時計って本当にあるの?って質問をよく聞くんですけど、人間の行動の1つ1つに体内時計が関わっているんですよ。

体内時計の働き
  • 目覚め
  • 空腹や食事
  • 眠気

 

あなたの体内時計がちゃんと動かないと、普段眠っている時間に眠気がこなくてなかなか寝付けないってことになります。

ほかにも朝起きれない(いつもより早く起きてしまう)とか、夜中に何度も目が覚めてしまうってこともあるんですよ。

 

夜眠れない、朝起きれないって悩んでいるあなたは、まずあなたの体内時計が狂っていないかをチェックする必要があるかもしれませんね。

食事や太陽の光を浴びているかなどなど、体内時計が動かない理由ってたくさんあるので怖いものです。

 

あなたの朝の目覚めのためには、この体内時計が正常である必要があることを覚えておいてください。

体内時計がしっかりと動いていれば、毎日決められた時間にスッキリと目覚めることができますよ。

 

目覚めのタイミングに重要な”睡眠サイクル”

人間の睡眠には2種類の睡眠サイクルというのがあります。

2つの睡眠サイクル
  • ノンレム睡眠(深い眠り)
  • レム睡眠(浅い眠り)

 

ノンレム睡眠レム睡眠のどちらもあなたが眠っているあいだに起きている脳みその状態です。

この睡眠サイクルは眠っているあいだの脳みその回復だったり記憶力をアップさせたりしてくれています。

 

誰だって熟睡して気持ちい状態のときに起こされたら、不快な気持ちになりますよね。

あなたの自然な目覚めをするにはノンレム睡眠ではなくてレム睡眠のときに起きる必要があります。

 

これから紹介する目覚めるための3つの方法でも、ノンレム睡眠とレム睡眠が鍵になってくるので忘れないでくださいね。

 

朝、スッキリ目覚めるための3つの方法

ここまでで2つの睡眠サイクルを理解できたはずなので、ここからが本題です。

どうやって毎朝スッキリ目覚めるのかと・・・。

 

朝、気持ちよく起きるための方法は大きく分けて3つです。

この3つは誰でも簡単にできるので、ぜひあなたも今夜から試してみてください。

スッキリ目覚める3つの裏技
  • あなたの睡眠タイプに従う
  • レム睡眠時に起きる
  • 光を使って起きる

 

このスッキリ目覚める裏技は、文字通りあなたもすぐにできることです。

理想は3つすべてを一度にやることなんですけど、なかなか難しいと思うので1つずつ実践してくださいね。

 

その1:遺伝子に刻まれた睡眠タイプ通りに眠る

朝スッキリと目覚めるためには、あなたが正しい時間寝ていて正しい時間に起きているかがとても重要です。

本当は夜型の人間なのに、毎朝早起きをしてもカラダには逆に毒だったりします。

なのであなたの遺伝子レベル(クロノタイプ)で決まっている睡眠タイプを知ることから始めましょう。

睡眠タイプ診断
  • ライオン型
  • クマ型
  • オオカミ型
  • イルカ型

 

この睡眠タイプ診断の結果は、あなたの理想的な睡眠時間だけじゃなくて何時に寝て何時に起きるべきかとかもわかるんですよ。

あとはあなたってこういう性格ですよねってこともズバリわかってしまいます。

 

まぁ遺伝子に刻まれていることなので、基本的にはウソはつけませんね。

 

あなたの睡眠タイプが4つのうちどれかがわかれば、あなたの眠るべき時間・睡眠時間・起きるべき時間のすべてがわかります。

診断で出た睡眠タイプの通りに睡眠してみてください。

カラダに合っている時間に就寝して起床すれば、朝も自然と気持ちよく起きることができますよ。

 

その2:レム睡眠の時間帯にアラームをセットする

あなたの理想的な睡眠時間がわかったら、次にやるべきは起きる時間を決めてしまうことです。

つまり何時に寝るときは何時間後の何時に起きるって感じで、起きる時間を設定しておくんです。

 

実は起きる時間は90分周期にくるレム睡眠のときに起きるのが、目覚めにとてもいいんですよ。

そして健康な人の睡眠時間は7時〜8時間ほどと言われているので、このレム睡眠が5回目になったころがちょうどいいですね。

起きる時間の目安
  • 11:30(就寝)・・・7:00(起床)
  • 12:00(就寝)・・・7:30(起床)
  • 12:30(就寝)・・・8:00(起床)
  • 1:00(就寝)・・・8:30(起床)
  • 1:30(就寝)・・・9:00(起床)

 

前述していますが、レム睡眠のときにあなたの脳みそは起きた状態になっているんです。

そして深い眠りにいるときに無理に起こされてしまうと、起きたときに頭がぼんやりしたり疲労感が残ってしまいます。

 

脳が覚醒(起きている)レム睡眠のときであれば、起きる準備ができている状態なのでスッキリと目覚めることができるはずです。

あなたの起きたい時間から逆算してアラームをセットするのもいいですし、眠る時間から計算して起きる時間を決めておくのもいいですね!

 

その3:光目覚し時計を使う

最後はあなたの体内時計を使って気持ちよく起きる方法です。

 

あなたの体内時計(概日リズム)は、起きたり眠ったりを操作しているんです。

そして体内時計が起きろと命じるときは、太陽の光を感じたときなんですよ。

 

つまりスッキリと自然に目覚めるためには、起きるときに太陽の光がカラダに当たるようにすればいいんです。

 

スマホや目覚まし時計のアラームは大きな音で強制的に目を覚まさせます。

でも光の目覚まし時計は、あなたに太陽光と同じような光を当てることで、カラダを自然に目覚まさせてくれます。

 

つまり体内時計を刺激して、カラダに目覚める準備をさせてから起きることができるというわけです。

無理矢理に起こすわけじゃないから、ストレスも少ないし良さそうじゃないですか?

 

カーテンにアプリで管理できる自動開閉装置をつけるのも良いたいですよ。

設定した時間に自動でカーテンが開いて、外の光をいれてくれるっていうのもあるようです。

(ボクは取り付けが面倒で、カーテンは試していませんけどね。)

 

まとめ

毎朝気持ちよく目覚めるために3つの方法を試そう!

この記事で紹介した目覚めの方法を、今日から早速試してみてくださいね。

やってみよう!
  1. 睡眠タイプ診断で睡眠時間を把握
  2. レム睡眠時を狙ってアラーム設定
  3. 光時計を使って自然な目覚め

 

もちろん大切なのはしっかりと起きることではなくて、しっかり眠ることです。

今ちゃんと眠れていないなら、眠ることの見直しからしてくださいね!

 

では、ボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。

 

なぜ睡眠が必要なのか?|身体の健康を保つ最高の睡眠をしよう 睡眠の”効果”とは?睡眠が与えるあなたへの影響を知る