平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

睡眠のときに体温は下がる|冷え性で眠れない人の対処法

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回はあなたが眠るときの体温についてお伝えします。

 

睡眠と体温が関係あるって知っている人はかなり少ないですね。

なのであなたが眠りにつくときの体温がどうなるかって知っている人は自慢できるくらい物知りだと思います。

 

実はあなたが眠るときにあなたの体温は下がるって知っていましたか?

寒い季節でも暑い季節でも関係なく、睡眠時の体温は低くなるんですよ。

こんなあなたにオススメ!
  1. 冷え性で寝つきが悪い
  2. 眠るときって暖かくした方がいいんでしょ?
  3. 睡眠と体温の関係性が知りたい

 

今回は冷え性で手先や足先が冷えて全然眠れない、ってあなたにも読んで欲しい記事なっています。

冷え性と寝つきの関係性もお伝えした上で、冷え性でも寝つきがよくなる方法をご紹介していきます!

 

それでは。

いってみましょう!

 

眠るときは体温が下がる

カラダは眠るときに体温が高い状態から低い状態に下がることで眠りモードにはいります。

つまり眠る直前は暖かくなってカラダ(主に手足)があたたくなってきます。

そして意識がなくなり眠った状態になっているときには、体温は低くなっているということなんです。

 

あなたが寝る直前に、手先や足先がすこし暖かくなっているのって気づきましたか?

実はカラダの内部(芯)の体温を下げるために、手先と足先から熱を逃しているんですよ。

 

冷え性の人は手足が冷たいままなので、カラダが熱の放出をしてくれません。

なので寝つきにくいってことが起こってしまうんですね。

 

睡眠と体温の関係性

睡眠と体温の関係性は、眠りが体温に影響しているのと体温が眠りに影響しているの両方と言えます。

脳にあるカラダの体温を調節する部分が、体内時計をもとに「そろそろ寝る時間だよ〜」って体温を下げ始めるんです。

他にもあなたが眠っているときに、深い眠り(ノンレム睡眠)になればなるほど体温が下がっていきます。

 

冷え性もそうなんですが、カラダの体温調節がちゃんとできないと眠るときにも起きるときにも支障をきたすので注意が必要です。

 

冷え性の原因は”カラダ全体の冷え”

手先と足先が常に冷えている冷え性

女性に多いなんて話もありますが、だれでも起こり得ることなんですよね。

 

冷え性っていうのは普段の食事や生活習慣などが原因でなることが多いです。

そういう体質っていう人も稀にいるようなんですけど、基本的には食べ物や飲み物、服装が原因で冷え性になるようなんです。

 

例えば冷たいものを飲んだり食べたりすることが多い夏、体の内側からカラダ全体を冷やしますよね。

カラダ全体を長いあいだ冷たい状態にしていると、それが原因で冷え性になってしまいます。

そう、夏場でも冷え性になることが全然あるんですよ。

 

あとはシャワー生活をしている人も冷え性になりやすいですね。

夏でも冬でも関係なく、湯船に浸かることでカラダ全体の血行をよくしてくれます。

血流が悪いと、手先足先を温めることができなくなってしまうので注意が必要ですよ。

 

冷え性による手先や足先の冷たさは、カラダ全体の冷えが原因だということを覚えておいてくださいね。

 

冷え性で眠れない人の3つの対処法

睡眠と体温の関係性、そして冷え性になる理由がわかったところで、どうやって対処するかお伝えしていきます。

冷え性で眠れない人が、寝つき良くするためにはカラダの芯を温めることが大切です。

カラダを温めて冷え性対策
  • 食事や生活の見直し
  • 寝具の見直し
  • 服装の見直し

 

快眠のためにはカラダの温めすぎもよくないので、どこまでやるべきかも含めてお伝えしていきますね。

冷え性対策と睡眠改善の方法を合わせてどうぞ!

 

食事や生活でカラダの中心を温める|冷え性対策

食べ物、飲み物、生活のなかで、あなたのカラダの芯を温めることをしていますか?

 

例えば、冷蔵庫から出してすぐの飲み物や氷がたくさん入っているジュースをがぶ飲みするのが習慣なら改善が必要かもしれませんね。

ぬるめだったり暖かい飲みものを中心にするだけでも冷え性はかなり良くなりますよ。

お風呂のお湯も心臓にある血が温められて、それが足先や手先まで届くことで冷え性を抑えてくれます。

 

普段の生活や寝る直前まで、体温をあげることを意識していれば冷え性は改善されますし寝つきがよくなるんですよ。

 

軽くて暖かい羽毛布団を使って温める|冷え性対策

寝るときの掛け布団も寝つきを良くするためには必要ですね。

よく布団を何枚も重ねがけして、結構重たい布団にしている人もいるようなんですけど、重ねがけは暖かさと関係ないんです。

むしろ掛け布団が重たいことで寝返りとか寝ているときのカラダに圧をかけるのであまりよくないんですよ。

 

理想的な掛け布団は軽くて保温性と通気性の良い羽毛布団を使うことです。

 

本当にいい羽毛布団は保温性が高いので、カラダの中心がしっかりと温められて手足の先までしっかりと温めてくれます。

そして通気性がいいので、カラダの中心の体温を下げるために手足から熱を逃すのもできますよね。

 

重たい布団を何枚も重ねるのではなくて、質の良い羽毛布団1枚冷え性対策快眠の両方ができるんですよ!

 

靴下や手袋は使わない|冷え性対策

冷え性のせいで靴下や手袋をして眠っている方がいるみたいなんですが、これは今すぐにやめてください。

たしかに冷えをどうにかしたいのはわかるんですけど、前述しているように手足は熱を逃すために大切なパーツなんです。

 

靴下や手袋をしてしまうと、カラダの芯の熱が下がらずになかなか眠りにつけなくなってしまいます。

しかもあなたが眠っている間に、体温調節ができなくなって夜中に起きてしまうなんて弊害もあるんですよ。

 

カラダを温めることは大切なんですけど、手足には何も付けないように気をつけてくださいね!

 

【要注意】寒さ対策は眠る前まで!

靴下と手袋が良い例なんですが、冬の寒い季節のときに寒さ対策をするのは眠る前までと覚えておいてください。

眠っている間はカラダが自動的に体温調節をしてくれて、質のよい眠りのために必要な働きをしてくれます。

自動的な体温調節が、あなたの快眠と繋がっているイメージですね。

 

でもあなたが暖房とか靴下とか電気毛布とかを使ってしまうと、体温調節がうまくできなくなってしまいます。

なかなか寝付けなかったり夜中に何度も起きてしまったりというのは、カラダの体温調節が原因ということもあります。

 

寒さ対策(前述した3つ)は眠る前までの日常生活で済ませておきましょう!

湯船に浸かったり白湯を飲んだり、カラダを温めてから眠るようにしてみてくださいね。

 

まとめ

冷え性を改善すれば快眠につながる!!

冷え性で悩んでいるあなたは、ぜひ今日から試してくださいね!

寝つきとか快眠とかを気にするのであれば、睡眠と体温の関係性はとても大切です。

やってみよう!
  1. 生活習慣で冷え性は治る!
  2. 食べ物飲み物に気をつけて
  3. 寝ている間は暖房OFF

 

では、ボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。

 

睡眠の4タイプからわかる理想の睡眠時間|科学的根拠のある睡眠タイプ診断 睡眠の”効果”とは?睡眠が与えるあなたへの影響を知る