平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

睡眠時の正しい姿勢で肩こり解消!|眠っているときは仰向けがベスト

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回は眠っているときの姿勢についてお伝えします。

 

快適な眠りにとって睡眠時間と同じくらい大切なのが、あなたが眠っているときの姿勢(格好)です。

正しい眠りの姿勢というのは、直立(立っている)のときの状態です。

 

【こんなあなたにオススメ】

  1. 朝起きたら身体のどこかが痛い
  2. 仰向けと横向きのどっちで寝るのがいい?
  3. 柔らかいベッドが好き!

 

眠っているときの姿勢は首、肩、腰などのように、体の部位によって変わってきます。

あなたの身体のすべて部位が正しい姿勢になってないと、快適な睡眠が難しくなるので気をつけたいですね。

 

正しい姿勢で眠って気持ちよく起きれる毎日になるように、ぜひこの記事で知識を増やしてください。

 

では。

いってみましょう。

 

睡眠時の姿勢が身体にダメージを与える

そもそもあなたが寝て起きたときに決まって痛い場所ってありますか?

ボクがよく聞くのは”首の痛み”です。

 

あなたが眠っているときの頭の高さ(角度)がこの首の痛みを引き起こしている原因でしょう。

首って朝痛いと1日引きずりますよね・・・。

 

首はほんの1つの例ですが、眠っているときに正しい姿勢になっていない部分には疲労が溜まります。

しかもその疲労はあなたがその姿勢で眠っている時間ずーっと続きますので、どんどんどんどん蓄積していくんです。

 

寝ている時間(7時間や8時間)に蓄積された疲労は、朝”痛み”という形で身体にあらわれるというわけなんです。

 

  • 首の痛み
  • 首の痛みからくる頭痛
  • 腰痛
  • 肩の痛み

 

睡眠を優先しなかったり、睡眠が大切じゃないと感じているあなたはこういう痛みに悩まされているんじゃないですか?

毎朝起きてこんな痛みがあるなら、眠るのが嫌になりますもんね。

 

痛みの理由は、筋が伸びきったり縮みこんでしまうからです。

 

正常な位置から伸びたり縮んだりすると、筋には負荷がかかります。

眠っている間ずーっと伸びきっている(縮んでいる)ということが、ずーっと負荷がかかっていることになるというわけなんです。

 

眠っているときに身体の1番重い部分

眠っているときは身体の1番重い部分が沈む|睡眠時の正しい姿勢

眠っているときは身体の1番重いところが身体の痛みの原因になるんですよ

シイプ

  • おしり

 

この3つの部分は、あなたが眠っているときに1番フトンに食い込みます。

頭とおしりは重いから仰向けのときにフトンに沈みますし、肩は肩幅という意味で横向きになったときにフトンに沈むんです。

 

この3つの重い部分が沈むと、身体は正しい姿勢から遠くなって歪んだ姿勢になります。

つまり眠っているときに正しい姿勢になるためには、頭・肩・おしりが正しい位置になるように意識しなければならないんです。

 

寝起きで1番多いのが”首の痛み”|睡眠時の正しい姿勢

首の痛みって1日中ひっぱるから本当に嫌ですよね・・・

シイプ

例えば、仰向けもうつぶせ寝も嫌いな人は、必然的に横向きが基本的な睡眠の姿勢になってますよね。

そういう人なら枕の高さを変えてみると首の痛みが減る可能性があるということになります。

 

頭の高さは高すぎても低すぎても、首にダメージを与えるので改善するためにバスタオル枕というのもあったりします。

枕の高さを補うためにバスタオルを重ねたり、そもそも枕自体をバスタオルで作ったりと・・・。

今すぐ首の痛みに対処したいならオススメですよ!

 

睡眠の正しい姿勢は”寝具”で作る

横向きになったときは、肩幅のせいで頭の高さ調節しなければいけません。

仰向けになっているときは、頭とおしりが重いのでこの2箇所が沈まないようにしなければいけません。

(ちなみにほとんどの人は枕が低すぎて頭の高さも低くなっていて、腰が沈んでいるんです。)

 

あなたが眠っているときの姿勢を改善するなら寝具を見直すのが1番早くて良いです。

 

お金を使わないならバスタオルを使おう!|睡眠時の正しい姿勢

バスタオルを使えば、高さ調節も沈んでいるところへの対処もすぐにできますよ

シイプ

沈んでしまう部分などを改善するにはバスタオルが万能です。

例えば、あなたが仰向けで眠る人の場合には身体の3つの部分にバスタオルを使います。

バスタオル活用法:その1「仰向け」

  1. 膝裏

 

頭はまくらの高さを調節するために、バスタオルでまくらの高さを変えたり首の裏にもまくらが当たるように調節をします。

腰はおしりが沈まないように、丸めたバスタオルを腰の下に敷くように使います。

そして同じようにして、膝の裏にもバスタオルを使うわけです。

 

※バスタオルが触れている腰への圧が、強くなりすぎないように気をつけてくださいね。

 

もし横向きで寝ることが多いのであれば、2箇所でバスタオルを使ってみてください。

バスタオル活用法:その2「横向き」

 

肩幅があるので、まくらの高さは仰向けのときよりも高めにする必要があります。

膝のバスタオルは丸めたものを膝で挟むようにして使うことで、腰の歪みを少なくしてくれて痛みを減らしてくれるんです。

 

※バスタオルを使うときは、身体の接触面に圧力がかかりすぎないように気をつけてくださいね。

 

こうやってバスタオルを使えば、今夜にでも睡眠の姿勢を正しくすることができますよ。

使うのがバスタオルなら、あなたも簡単に正しい姿勢で眠れるようになりますね!

 

寝具を改善して正しい姿勢を手に入れる|睡眠時の正しい姿勢

正しい姿勢に眠るための寝具を使ってみてはどうですか?

シイプ

今使っている寝具が本当に身体のためになっているかって、正直言って考えたことないですよね。

ボクもまさか頭の形や身体の形に合わせた寝具が本当にあるなんて思ったこともいなかったんですよ。

 

ただ本当に睡眠に力をいれるのであれば、正しい姿勢で眠るための寝具は欠かせないんです。

たしかにバスタオルで補助をするのもいいですけど、あくまでも一時的な応急処置にしかならないですし、寝ている間に寝返りをするとバスタオルがズレてしまいますからね・・・。

寝ている間に姿勢が悪くなってしまうことも考えると、バスタオルだけじゃなくて寝具の買い替えがオススメです。

 

あなたの身体の形(身長・体重・肩幅・部位ごとの重さ)をすべて測って、正しい(直立)の姿勢で眠れる寝具をぜひ使ってみてください。

今の数倍眠るのが楽しくて好きになるはずですよ。

 

睡眠時の正しい姿勢は”仰向け”

ボクはここまでで「眠っているときの正しい姿勢は直立ですよ」と、何回かお伝えしましたよね。

あなたが直立の姿勢で眠るということは、仰向け1番理想的な姿勢になるんです。

 

横向きでもバスタオルや寝具を使えば、直立に近い姿勢で眠ることができます。

ですが身体のフトンへの沈み方などを考えると、横向きよりも仰向けが正しい直立の姿勢を保てているんです。

 

仰向けがあまり好きではないという人もいます。

この原因は身体が感じている違和感にあることが多いです。

 

仰向けで寝るときに感じる違和感

あなたが眠るとき通常の寝具ではおしりの部分(つまり腰)が大きく沈みます。

 

そうすると腰よりも上の位置になってしまう、脚と背中が違和感を感じるんです。

この違和感はふつう気づかないことがほとんどです。

(そんなに身体に敏感な人は少ないので・・・。)

 

ですが、身体はしっかりと違和感を感じ取っているので「仰向けよりも横向きで寝るのが楽」と感じるんです。

 

実際は横向きで寝ても、肩幅のせいで首が痛くなるなんてこともあるので気をつけなきゃいけないんですけどね。

寝て起きたときの首の痛み肩こりを感じる方は、仰向けの正しい姿勢に変えると改善してくれる可能性もあります。

 

あ、ちなみに通常の寝具というのは、低反発の布団とかニトリで買えるような寝具のことです。

とくに低反発は枕も布団もあまり使わない方がいいです。

身体の重さで沈んだ状態で形状記憶してしまうので、あなたの身体にはとても悪い影響なんですよ・・・。

 

まとめ

”良い睡眠”の基本は眠っているときの正しい姿勢(直立)!

枕のせいで首の痛み布団のせいで腰痛にならないように、正しい姿勢で眠れる方法をぜひ試してください。

バスタオルを使った方法は、誰でも簡単にできるので今夜からすぐに試せますよね。

 

  1. 枕の高さが高すぎず低すぎないかチェック
  2. 寝具を見直して寝ているときの姿勢改善
  3. 正しい姿勢で快適な睡眠を!

 

睡眠時の正しい姿勢は、眠り改善の第一歩とも言えます。

寝て起きて身体が痛いのは誰にとっても苦痛でしかないので、その苦痛から抜け出す方法をすぐにやってくださいね。

正しい姿勢で眠る… これをお忘れないように。

 

では、ボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。

 

睡眠の4タイプからわかる理想の睡眠時間|科学的根拠のある睡眠タイプ診断 あなたの身体に合う睡眠時間の長さとは|睡眠の長さと影響が発覚