平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

睡眠薬や睡眠導入剤の副作用に要注意!|睡眠薬・睡眠導入剤・サプリの違い

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回は睡眠薬や睡眠導入剤の違いとその副作用についてお伝えします。

 

毎日寝つきの悪さに悩んでいたり、考えごととか不安なことが頭から離れなくてなかなか眠れなくて困っていますか?

こういう悩みを持っている方って睡眠導入剤睡眠薬を使って、毎晩なんとか眠りについているのではないでしょうか。

こんなあなたにオススメ!
  1. 毎晩眠れなくて困っている
  2. 睡眠薬を使おうか迷っている
  3. 睡眠薬ってどう違うの?

 

睡眠薬と睡眠導入剤の違いはほとんどありません。

どちらもあなたの不眠症を解決してくれたり、寝つきをよくするためのお薬ですね。

ただしどちらも強い副作用があるので、睡眠薬を使うのであればそこもしっかりと認識おいてくださいね!

 

それでは。

いってみましょう!

 

”睡眠薬”と”睡眠導入剤”の違い

睡眠薬と睡眠導入剤の大きな違いは、薬の効果が出ている時間の長さです。

基本的には夜の寝つきが悪いとか、夜中に何度も目覚めてしまうという不眠症状を改善するためのお薬全般を睡眠薬と呼びます。

そしてその中でも睡眠導入効果(眠くさせる効果)の時間が短いものを睡眠導入剤と呼んでいるんですね。

 

睡眠薬強さは薬によって違います。

ですがほとんとがあなたが眠るときに、思考や不安症状への鎮静(落ち着かせる)効果があります。

 

催眠作用とか精神安定作用があるので、うつ病を患っている方が使うこともありますね。

病気でなくても仕事で悩みが多くて眠れないって方や、いつも考え事ばかりで寝つきが悪い方が使うこともあるんですよ。

 

睡眠薬自体は悪い物ではありません。

睡眠不足は身体に慢性的なダメージを与えますし、睡眠薬を不眠症で悩んでいる方の解決策として使うのであれば間違いはありません。

 

ただし「薬」なので副作用がありますし、服用する量を間違えると体に危ないので注意が必要なんです。

(ニュースでも睡眠薬を大量に摂取して・・・とか見るので、怖いですよね。)

 

一般的な睡眠薬の副作用

ボクはちょっと昔に平均睡眠時間が3時間くらいしかないときがありました。

もちろん好き好んでそうしていたわけではなく、ベッドに入って目を閉じてから何時間も眠れない日々が続いていたんです。

 

眠れなくなる原因はたくさんあるんですけど、それをスッキリ解決するには睡眠薬を使って眠ることくらいだったんですよね。

でも睡眠薬を使う前に、睡眠薬の危険性とか副作用を調べたら使う気にはなれませんでした。

睡眠薬・睡眠導入剤の副作用
  • 日中によくふらつく
  • アルコールと併用すると超危険
  • 眠りが浅くなる
  • 睡眠直前の記憶が曖昧になる
  • 依存症になる可能性あり
  • 興奮しやすくなる
  • 早朝に目覚めやすくなる

 

きっと今悩んでいる不眠症を解決するためには、睡眠薬の力は大きいんだと思います。

ただし今後眠れるようになるかと言ったらそうでもないですし、何よりも副作用が多すぎて怖いというのが正直な感想でした。

 

長期的にみると、睡眠薬を使うのは自然に眠れるようになるための方法ではないんですよね。

不眠症だとしても寝つきが悪いのだとしても、解決できる方法は他にたくさんあるからです。

 

自然な眠りが欲しいなら”サプリ”を使うべき

ボクは不眠症を改善するために睡眠薬を使うのは危険すぎる(リスクが多すぎる)と断言します。

なぜかというと、あなたの毎晩の睡眠を改善する方法はたくさんあるからです。

 

あなたの眠り不眠症を解決する方法のほとんどは、今の生活を見直すことです。

実は、毎日当たり前にしていることが、あなた自身の睡眠の邪魔をしていることがとても多いんですよ。

とはいえ生活習慣を変えるってなかなかできないですし、それが睡眠のためってピンと来ないですよね。

 

ボクもまったく同じ考えだったので、生活習慣を改善する代わりにサプリメントを使ってみました。

マルチビタミンとか酵素が健康をサポートしてくれるっていうのと同じで、睡眠や寝つきをサポートしてくれるサプリがあるんですよ。

 

サプリの副作用は圧倒的に少ない

最初にお伝えしておくと、睡眠薬もサプリも副作用がないものはありません。

ただし、色々な研究の結果を見る限りサプリの副作用は睡眠薬や睡眠導入剤に比べて圧倒的に少ないです。

むしろ副作用がほとんど出ないケースもあったりします。

 

睡眠薬も睡眠導入剤も、あなたの日中の活動に支障を来たすような副作用がありましたよね。

副作用とは少し違いますけど、薬の依存性っていうのもかなり怖い部分ですよね。

 

とくに病気などがなくて単純に眠れなくて困っているのであれば、副作用も少なく危険も少ないサプリを使うのをオススメします。

 

睡眠薬ではなくサプリにしよう!

今夜も睡眠薬を使って眠ろうとしているあなた…

ちょっとまった!

 

ぐっすりと自然な眠りにつける手助けをしてくれるサプリがあるので、睡眠薬を使う代わりにそれを試して欲しいです。

睡眠のサプリといえばメラトニンです。

正しく言うと、あなたの体内で睡眠と直結しているのがメラトニンです。

 

睡眠薬を使って眠れるようになるのは、催眠効果のある成分と抗不安効果のある成分が入っているからです。

つまり薬の効果で気持ちが落ち着いてスーッと眠りに入っていきます。

 

メラトニンはそもそも体内の分泌物です。

あなたが眠気を感じるときは、体内のメラトニンの量が増えているということなんですよ。

 

これから寝ようってときにメラトニンが含まれたサプリを飲むことで、体内のメラトニンの量を眠くなる基準値くらいまで増やします。

そうすることで、自然と眠たくなるっていう感覚になるんです。

 

このメラトニンと気持ちを落ち着けてくれるハーブが入っているナイトレストっていうサプリが個人的には超オススメです。

寝る15分くらいに飲んでおけば、気持ちいいくらい自然と眠りにつくことができるようになりますよ。

 

ボクが寝る前に飲むサプリ3種類ほどです。

どれも身体や脳の疲れを取ったり睡眠をサポートしてくれるサプリなので、興味があるかたは関連記事をお読みくださいね。

 

まとめ

睡眠薬よりも副作用が少ないサプリを使ってみて!

ボクは薬がそもそも好きじゃないので、こと睡眠においても睡眠導入剤も睡眠薬も絶対にオススメしません。

もちろんお医者さんからの指示であれば、飲むべきだとは思うんですけどね。

 

ただ睡眠薬の副作用も考えると、同じくらいの睡眠促進効果が見込めて、かなり安全なサプリで調整してみるのもいいのではないかなという考えです。

知っておこう!
  1. 睡眠導入剤の効果は短い
  2. 睡眠薬は副作用が多い
  3. サプリで睡眠をサポート

 

あなたが自然に眠りにつけて、朝までぐっすり眠るためにサプリを使ってみて欲しいですね。

睡眠薬とは全然違いますが、しっかりと睡眠をサポートしてくれるはずです。

 

サプリ自体に怖いイメージを持っている人もまだまだ多いのかなって思うので、ボクの書いた関連記事をいろいろ読んで参考にしてくださいね。

 

では、ボクはこの辺で・・・。

おやすみなさい。

 

【厳選】ぐっすり眠れる快眠グッズ5選|寝る前に使うオススメ編 睡眠のときに体温は下がる|冷え性で眠れない人の対処法