平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

iPhoneやiPadで使える「ナイトシフト」で目へのダメージを軽減できる

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回はiPhone・iPad・iPod Touchなどで使える、ブルーライトカットの方法についてお伝えします。

 

iPhoneやタブレット、テレビなどから出てるブルーライトが睡眠を邪魔をするのは、ブルーライトカットの記事で話しましたね。

ブルーライトは目や首にダメージを与えて、炎症(痛み)を起こしたり、体内時計を狂わせて寝つきを悪くしたりします。

iPhoneって日本人の半分近くがユーザーらしいので、iPhoneに備わってる便利なブルーライトカット機能「Night Shift(ナイトシフト)」を解説します!

 

ナイトシフトは数分もかからずに設定でいるので、睡眠改善のツールをして活用してくださいね。

では。

いってみましょう!

 

 Night Shift(ナイトシフト)でブルーライトカット|設定方法

早速あなたが持ってるiPhoneでナイトシフトの設定をしてみましょう!

ナイトシフトに設定すると画面が少しオレンジ色になります。

画像編集だったり色を気にしなければいけない作業をするときはオフにしておいてくださいね。

 

ナイトシフトの設定準備

iPhoneだけじゃなくて、iPadiPod Touchでも同じようにNight Shiftの設定ができます。

基本的な操作は一緒なので、同じように設定してくださいね。

 

ナイトシフトを設定する時に必要なものは…

iPhone、iPad、iPod Touchの端末とiOS9.3以上であることです。

iOS(ソフトウェア)のアップデートについては、Apple公式サイトを参考にしてくださいね。

参考 iOS 12 へのアップデート方法 - Apple サポート 公式サイト取得できませんでした

 

iPhoneでナイトシフト設定

まずはiPhoneの画面の中にある「設定」を見つけましょう!

↑このマークです。

 

あとは「画面表示の明るさ」からNight Shift(ナイトシフト)を設定するだけ!

 

 

これで指定の時間も決めておけば、毎日自動的にナイトシフトに設定してくれます。

 

コントロールセンターからも設定可能

IPhone X以降だと画面の右上から下にスライドするとコントロールセンターが出てきますね。

iPhone 8やそれ以前のiPhoneは画面下から上にスライドです。

 

 

 

 

 

iPhone以外の端末でも設定可能!

Macbook(パソコン)を使っているあなたも、iPhoneと同じようにナイトシフトの設定ができますよ。

Macでもナイトシフトしておきたいって方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

 

これでパソコンもiPhoneも毎日決められた時間にブルーライトカットのモードになります。

画像の通りやるとかなりすぐに設定できますよね!

Macbookにもソフトウェア(MacOS)が入っていて、対応するしないがあるようなので、詳しくはApple公式サイトを参考にしてください。

参考 取得できませんでしたApple Support

 

おすすめなブルーライトカットの設定時間

ブルーライトは紫外線と同じように、体内時計に影響します。

朝、あなたの脳を起こすために、ブルーライトや紫外線を浴びるのがいいと言われているんです。

 

なので1日中ナイトシフトにしておけばいいというわけでもないんですよ。

 

日中の行動と夜の睡眠に良い効果を出すには、18時くらいからブルーライトを少なくするのがいいと言われています。

ナイトシフトの設定をするなら、自動で朝と夜の設定でもいいんですけど、18時〜起きる時間に設定をしておくといいかもしれませんよ!

 

まとめ

ナイトシフトの設定は今日から使おう!

目や首への疲れを減らすためにも、寝つきをよくするためにもナイトシフトは有効活用するべきですよ!

iPhoneでもiPadでもiPod Touchでも簡単にブルーライトカットの設定ができます。

やってみよう!
  1. iPhoneの設定からナイトシフト
  2. Mac(パソコン)も設定可能
  3. ブルーライト遮断で目を守れる

 

では、ボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。