平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

昼寝のし過ぎは肥満の原因に!?|カラダに最適な昼寝の時間が判明

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回はボクもあなたも大好きな昼寝についてお伝えします。

 

昼寝って気持ちいいですよね〜!

仕事が休みの日の14時くらいにソファでごろーんてしてると… zzz

 

あ!今寝ちゃまずいですね、失礼しました。

当たり前のようにしているお昼寝って、実はあなたのカラダにしっかりと変化を起こしているんですよ!

 

昼寝のし過ぎは夜眠れなくするだけではなくて、肥満の元とも言われるくらいなので気をつけなきゃです。

こんなあなたにオススメ!
  1. 昼寝しすぎるとマズイ?
  2. 寝ても寝ても疲れが取れない・・・
  3. わかっているのに昼間に寝てしまう

 

せっかくの休みの日なんだからゆっくり過ごしたいっていう日ありますよね。

ポカポカした陽気だとなおさら昼寝せずにはいられません!!

 

なので昼寝の影響を知って、最適な昼寝時間を見つけちゃいましょう。

これさえ知っちゃえばあなたは勝ち組です!

 

では。

いってみましょう!

 

なぜ昼寝をしてしまうのか

あなたが昼寝をしてしまう理由って大きくわけて2つあります。

昼寝をする理由

  • 疲れが溜まっている
  • リラックスしている

 

おそらく普段仕事をしているほとんどの人は、疲れが溜まっていて気がついたら寝ているって状態です。

連勤で身も心も疲れ切っていて、1日中ゴロゴロして寝ているようなイメージですかね。

 

実はこの昼寝の仕方はとてももったいないんですよ。

どうしてかというと、こうやって1時間〜2時間と寝てしまうと逆に疲れが溜まってしまうからなんです。

起きたときに頭が痛かったり、ゴロゴロしてそのまま変な姿勢で寝てしまってカラダが痛くなったり・・・。

あまりいいことはありません。

 

身体の疲れがとくになくて、休憩兼リラックスに昼寝をするなら、何時間も寝ずに20分〜30分くらいで自然と目が覚めます。

こういう昼寝はカラダにとってもあなたの脳にとっても良い働きをしてくれるんですよ。

 

日中に疲れが取れていないあなたは、夜の睡眠でカラダの回復がしっかりとできていないのが原因です。

眠っている時間が悪いか、眠り方が悪いかだと思いますので、まずは夜の睡眠から改善してみてください。

 

疲れて昼間もずーっと寝ているってことはほとんどなくなるはずですよ!

 

昼寝の効果&カラダへの影響とは

昼寝は時間によって効果が変わりますよ!

シイプ

40分〜60分以上の昼寝は肥満のもとに!?

昼寝の時間が長すぎる(平均的に1時間近くの)場合には、起きたときに脳みそがぼんやりしてしまうので、あなたのカラダににとってあまりよくありません。

しかも東京大学の研究では、睡眠時間が60分以上している人の肥満になる確率が50%高くなることがわかっています。

 

ほかにも昼間の間に寝すぎてしまうと、夜の自然な眠りにも支障をきたすので昼寝のしすぎは要注意です。

 

昼寝は長くても60分(1時間)以内と決めておきましょう!

寝る前にはアラームをセットしておくといいですよ。

 

最適な昼寝時間なら脳が活性化&集中力アップ!

昼寝をしたら夜眠れなくなるってボクも小さいころは両親に言われていたのですが、そんなことはまったくないことがわかったんですよ。

疲れたな〜って感じたときに昼寝をしたり、お仕事の昼休憩の少しを昼寝に回すと、昼寝あとのカラダ(と脳)には良い効果があるようなんです。

最適な昼寝の効果
  • 集中力アップ
  • 記憶力アップ
  • 生産性アップ
  • 気分スッキリ

 

あれ、これだったら昼寝はむしろ推奨されるべきな気がしますよ。

実際に昼休憩の有効な使い方で「昼寝をする」っていうのはトップにはいってきます。

 

つまり寝ている時間さえ間違えなければ、昼寝は毎日するべきというわけですね!

(これで昼寝をどんどんオススメできますね!!w)

 

最適な昼寝時間を公開!

さて、ここからが本題です。

じゃあ1番いい昼寝の時間はどれくらいなのかと・・・。

 

昼寝は10分でも脳がリセットされて、身も心もシャキッとすると言われています。

なので本当に時間がなくて忙しいあなたは、どこか休憩の10分でも目を閉じてみてください。

 

あとはテレビやネット上で今まで言われてきた30分の昼寝が1番いい”というのも正しいです。

あなたが眠りについてから30分経つとレム睡眠状態になります。

つまりあなたは浅い眠りになっていて、起きるときにもスーッと自然に起きれます。

 

寝起きスッキリでしっかりと脳を回復したいのであれば、30分くらいの昼寝がちょうどいいですよ!

 

まとめ

適度な昼寝はカラダにいい!集中力もアップ!!

お昼休憩に何したらいいんだろ〜って思っているあなたは、まずは昼寝をしてみてはどうですか?

暖かいところで30分昼寝をすると本当に気持ちいですよ!

 

やってみよう!
  1. 昼寝は60分以内にする
  2. 忙しい人は1日10分だけでも昼寝
  3. 最適な昼寝時間は30分

 

実際にボクも仕事の昼休憩では必ず15分〜30分は昼寝をしています。

寝起き直後はちょっとぼーっとしているんですけど、そのあとは集中力が一気にあがるので仕事が捗りますしね!

 

昼寝好きなお友達や家族がいるなら、「30分の昼寝が1番いいんだって!」って教えてあげてくださいね。

 

では、ボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。

【関連記事はコチラ】

>>>睡眠の”効果”とは?睡眠が与えるあなたへの影響を知る

あなたは4つの”睡眠タイプ”のうちどれ?|理想の睡眠時間とは 【厳選】ぐっすり眠れる快眠グッズ5選|寝る前に使うオススメ編 睡眠のための最強サプリ「メラトニン」を知る|メラトニンの副作用とは?