平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

カフェインと睡眠の関係性|寝る前のコーヒーが良いはウソ!?

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回はコーヒーなどに入っているカフェインで睡眠が変わるのかをお伝えしますね。

 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • コーラ

 

ほとんどの人がほぼ毎日飲んでいる飲み物の中にはカフェインがはいっています。

特にコーヒーは目を覚ましたり集中するために飲んでいる人が多いですよね。

 

実はあなたがしっかりと睡眠できるように、コーヒーを飲んだりチョコレートを食べたりする理想的な時間があるんですよ。

カフェイン自体には身体に良い効果がたくさんあるので、コーヒーなどを飲む時間飲む量だけ気をつけてうまく付き合ってくださいね。

 

【こんなあなたにオススメ】

  1. 普段からコーヒー大好き!
  2. 夜にカフェインは身体に良いと聞いたよ?
  3. コーヒーを飲むのはいつがいいの?

 

ネット上でもコーヒーやカフェインが睡眠にどう影響するか、という情報がたくさん出ていますよね。

コーヒーを頻繁に飲む人はとくに飲み方を気をつけてほしいので、ここでしっかりと学んでください。

 

では。

いってみましょう!

 

寝る前のコーヒーが良いはウソ!?

そもそも寝る前のコーヒーが身体にいいという話が、ネット上に多く出回っていますよね。

夜間のコーヒーは逆に身体にいいんだよ!みたいな・・・。

 

  • ブラックコーヒーなら健康にいい!
  • ミルク多めでのカフェラテなら眠気を促進する!

 

研究結果でわかっていることからすると、睡眠に関係するこれらの情報はすべてウソです。

厳密にいうと、たしかにコーヒー自体は身体にいい部分もあるので絶対に飲んではダメということではありません。

 

ただし、こと睡眠に関しては夜間のコーヒーは絶対に避けたほうがいいんです。

ある研究ではコーヒーはあなたが寝る6時間前に飲んでいても、睡眠を邪魔する原因になるということもわかっていますからね。

 

こわいこわい・・・。

 

カフェインが与える睡眠への影響とは

さて、寝る前のカフェインはNGということがわかっていただけましたか?

ただ前述した通り、カフェインは睡眠へのマイナスの影響がありますし身体へのプラスの影響あるんです。

 

  • マイナス:体内時計を狂わして、睡眠を遅らせる
  • プラス:集中力アップ、ダイエット効果も?!

 

カフェインはあなたの睡眠時間を遅らせる|カフェインと睡眠

Q. なんでカフェインで眠くなくなるのか・・・。

A. コーヒーや紅茶に含まれているカフェインを摂ることで、身体が疲れた〜と感じづらくする効果があるからです!

 

あなたが1日普通に活動していると、脳から「アデノシン」という老廃物が分泌されます。

そしてこのアデノシンがたくさん増えると、身体は「疲れた〜、眠いよ〜」っていう信号を送るようになるんです。

 

ボクたちが疲れたり眠くなる(感覚がある)理由は、アデノシンが多くなって脳から疲れた信号が出ているからというわけですね。

でもカフェインを摂ることで、疲れた信号(アデノシン)を感じづらくなって眠くないと錯覚してしまうんです。

 

コーヒーの怖いところは、あなたの身体も脳も本当は疲れているのにカフェインのせい(おかげ)でカラダに必要な眠りを遅らせてしまうところです。

 

自然な眠り(眠気)を引き起こすメラトニンがあっても、カフェインは眠気の感覚を鈍くするので、眠りにつきにくくなります。

 

ちなみにカフェイン200mg(コーヒー2杯分)のカフェインでも睡眠には45分以上のずれが生じることがわかっています。

気をつけてくださいね。

 

カフェインは身体に良い部分もある|カフェインと睡眠

とはいえカフェインはカラダに良いのは事実です。

 

  • カフェインで身体のリズムを整える
  • 眠いときには目がシャキッと!
  • 集中力上昇
  • 脂肪吸収を抑える

 

ザッとあげてもこれだけの効果がカフェインには見込めるようなんです。

なので、大切なのは飲む量飲むタイミングですね。

コーヒーがカラダにどんなプラスの効果をもたらすかというのは、パレオな男さんのブログでたくさん紹介されているので、ぜひ読んでみてください。

(ボクも実践しているほとんどが、この方のブログでの情報やAmazonで買う書籍からです。)

 

カフェインの上手な活用方法

じゃあコーヒーとか紅茶が好きな僕/私はいつ飲むのがいいの!?って思いますよね。

コーヒーを飲む人の中では、脳をシャキッとさせるたり集中するためにカフェインを摂るが多いはずです。

 

そんなあなたがカフェインを上手く使うために、まず知るべきことはあなたの睡眠タイプです。

睡眠タイプというのは、遺伝子レベルで決まっているあなたの理想の睡眠時間です。

 

  • 起床時間
  • 就寝時間
  • 睡眠の長さ

 

このすべてがあなたの身体にぴったり合うように決まっています。

そしてこの睡眠タイプがわかると、何時にコーヒーを飲むがいいのかもわかるわけです。

 

4つの睡眠タイプからわかる理想的な時間|カフェインと時間

遺伝子に刻み込まれた睡眠タイプというのは大きく4つに分かれます。

  • ライオン型:昼型1
  • クマ型:昼型2
  • オオカミ型:夜型1
  • イルカ型:夜型2

 

そしてそれぞれで何時に寝て何時に起きるべきかが違うんです。

この睡眠タイプがわかることで、あなたの理想の睡眠時間と睡眠量がわかるようになって、あなたの集中しやすい時間帯がわかるようになります。

 

あなたの身体と脳には1日の中でもっとも活発に動けるときがあります。

そんなときにわざわざコーヒーを飲む必要はないですよね。

 

集中するのが難しい時間帯、1番だらけてしまう時間帯にだけ絞ってコーヒー(カフェイン)飲むことで最大限にカフェインの力を借りれるというわけですね。

そうすればあなたの快眠をカフェインが邪魔することもありません!

 

まとめ

カフェインを摂るのは”午前中”だけにしておきましょう!

コーヒー=カフェインというのはあなたもよーく知ってますよね。

では…

  • コーラ
  • チョコレート
  • 緑茶
  • ウーロン茶

 

こういう物にもカフェインが含まれているって知っていましたか?

カフェインが含まれたものを飲んだり食べたりするのは、遅くてもあなたが寝る6時間前までにしておいてくださいね。

 

  1. カフェインを摂るのは寝る6時間以上前!
  2. コーヒーは基本的に午前中のみ
  3. 理想的なコーヒーを飲む時間を知っておきましょう

 

あなたが自然な眠りにつけるように、カフェインを摂るタイミングは十分に気をつけてください。

くれぐれもカフェインのせいで、フトンに横になったけど目が冴えて寝れないなんてことがないようにね!

 

では、ボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。

 

体内時計(概日リズム)が原因で起こる睡眠障害の対処法|概日リズムを知ろう! 睡眠の”効果”とは?睡眠が与えるあなたへの影響を知る