平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

朝食抜きは健康にいいことが判明|朝ごはんと目覚めは無関係!?

シイプ

どぅも、

”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。

今回は朝起きたときに朝食は要らないよということについてお伝えします。

 

「朝起きたら何かしら食べた方が良い」というのは、案外そうでもないということが科学的にはわかっているみたいなんです。

ボクも月に5日間の断食をやっているんですけど、そのときの方が身体の調子はたしかに良いんですよね。

 

ただ、脳や身体を目覚めさせるためには内臓を動かす必要があるので、何かしらを身体にいれる必要はあります。

こんなあなたにオススメ!
  1. 朝食食べない派です!
  2. 朝ごはんが健康に良いとみたけど
  3. ダイエットのときは朝ごはん食べない

 

今朝ごはんを必ず食べるあなたが、それを辞める必要はありません。

ただ朝ごはんを食べなくても、健康は保てるし目覚めることができるということを説明していきますね。

  • 睡眠
  • 食事
  • 起床

 

この3つは大きく関わっているので、どれも欠かせません。

気持ちの良い睡眠と気持ちの良い目覚めをして、1日を気持ちよく過ごすための知識をつけていってくださいね!

 

では。

いってみましょう!

 

朝目覚めるには胃を動かす必要あり

そもそもあなたが朝起きて1日の行動を始めるためには、日光と食事が必要です。

これは体内時計を正常に戻すための作業だと思ってくださいね。

 

日光の紫外線はあなたの体内時計をリセットさせて、「これから1日がスタートするよ」と脳みそに教えてくれます。

そして食事は脳や内臓を動かすために必要なんだって言われているんです。

 

朝にこの2つがないとあなたの身体の体内時計が狂い出してしまって、最終的には睡眠時に障害を起こす可能性があるんですよ。

夜なかなか寝付けない理由に、外に出ないとかちゃんと食事を取らないというのがあるので怖いですよね。

 

なので日光と食事は両方とも欠かせないわけなんですけど、ここで重要なのが朝の食事は食べ物でなくても良いというところです。

朝に必要なのは日光と胃を動かすことなんですよ。

 

朝は水を飲んで胃を動かすだけで十分

朝あなたの体内時計をリセットさせるために必要なのは食事ではなく、胃を動かすことであることがわかっているんです。

朝起きたら常温の水をコップ1杯飲めばいいというのをよく聞きますが、これは大正解

 

朝食で無理にご飯や糖分を摂取しなくても、胃は動き出しますし十分に身体と脳を起こしてくれます。

 

水も何も飲まずに仕事に行くという方も結構多いようなんですけど、これはNGなので改善が必要ですよ。

夜の睡眠への影響もそうなんですけど、集中力の低下にも繋がるので要注意です。

 

朝起きたら必ずするべきなのは、常温のお水を飲むことです。

身も心もシャキッとするので、ぜひ試してくださいね!

 

朝食は食べるよりも食べない方が健康に良い

朝ごはん食べない方が健康いいの!?って思いますよね。

これはある状況にのみ、健康にいいこともあるよくらいに思っていてくださいね。

 

あ、子供は間違いなく食べた方がいいですよ。

成長期にちゃんと栄養を取らないのは、なかなか不健康ですからね。

 

ただし大人の場合は12時間〜14時間断食が健康にいいということがわかっています。

これは身体のなかに溜まっている無駄なタンパク質や脂肪を身体から排除できるからなんですね。

 

つまり多少の断食をして、水を飲むと身体の中にある不要なものをキレイにできるわけなんです。

1日3食取るのもいいんですけど、こういうプチ断食をすると今までよりもご飯が美味しくなりますし、身体の調子もよくなるのでぜひ試して欲しいです。

とまぁ朝食は無理に食べなくても、健康を害することはないので心配いりませんよ!

 

まとめ

あなたもプチ断食してみませんか?

「ご飯食べないと生きていけない」と思っている人って結構多いですよね。

でも案外そんなことないので、健康やダイエットを気にするあなたはやってみてくださいね。

 

ご飯が美味しく身体の調子がよくなることは保証できますよ!

(体調が悪くなったらやめてくださいねw)

覚えておこう!
  1. 朝食は必要じゃない
  2. 朝起きたら常温の水を飲もう
  3. プチ断食で健康に!

 

朝起きたときには朝食が必要というわけじゃありません。

大切なのはあなたの胃を動かすことなので、軽く食べるもよし水を飲むもよしです。

体内のリズムを整えるためにも、何かしら身体に入れるようにしてくださいね!

 

では、ボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。

 

早起きにメリットはないことが判明|「早起きは三文の徳」はウソ!? 朝の目覚めに重要なコルチゾール|睡眠と体内時計