平凡なサラリーマンが睡眠で人生を変えた実話

ブルーライトカットの効果を徹底解析|体内時計を狂わすブルーライト

[chat face="sheep-icon1.jpg" name="シイプ" align="left" border="blue" bg="none" style="maru"]どぅも。 ”眠り”のことならなんでもお任せ、シイプです。 [/chat]

今回は眠りに重要な体内時計(概日リズム)とそれを狂わすブルーライトについてお伝えします。

 

お昼時になるとお腹が空いたような感覚になったり、夜になると眠くなってあくびが出ますよね。

これはあなたの身体の中に細胞レベルで体内時計(概日リズム)というのがあるからなんです。

そんな体内時計の動きを破壊すると言われているのがブルーライト

 

寝つきが悪かったり熟睡できないと悩んでいるあなたは、ブルーライトカットの生活をするだけでも大きな効果があります。

 

【こんなあなたにオススメ】

  1. 夜なかなか眠れないのはなんで?
  2. ブルーライトカットって意味あるの?
  3. ブルーライトカットってどうやるの?

 

特に最近ではスマホの普及や、テレビゲームでテレビからブルーライトに接する機会がとても多いですからね。

ブルーライトカットメガネやブルーライトカットフィルムとかも出てるくらいですから、睡眠や目の疲労というところでもかなり注目されています。

 

あなたがぐっすり眠るためにブルーライトカットはとても重要ですので、しっかりとその実態を理解してくださいね。

 

では。

いってみましょう!

 

自然な睡眠に大切な”概日リズム(体内時計)”

ブルーライトカットの効果について触れる前に、まずはあなたの快適な睡眠に大きく関係している体内時計(概日リズム)から触れてみましょうか。

 

冒頭でもかるく書きましたが、体内時計というのは…

  • 朝8時に目が覚める
  • お昼の12時にお腹が空く
  • 夜23時に眠くなる

 

あなたが自然に感じている身体のサイクルに必要なものなんです。

 

体内時計は明暗(光や暗さなど)、食事、温度などの刺激から、時間の狂いを調節しようとしています。

 

つまりずーっと暗いところにいたり、なにも食事を取らない日が続くとこの体内時計は少しずつおかしくなって不眠症になったりすることもあるんです。

海外旅行にいって時差ボケをしたりするのもこれが理由です。

(ちなみに時差ボケ防止のために、旅行先の時間に合わせて食事をするのも効果的なんですよ!)

 

体内時計をしっかりと調節して正しいサイクルにしてあげることで、自然な眠りをすることができます。

そしてブルーライトというは体内時計の調節に大きく関わってくるので、気持ちよく眠るためには注意しておく必要があるわけです。

 

ブルーライトカットの”理由”と”効果”を知る

自然な眠りのためにブルーライトカット効果が必要

ブルーライトの主な効果として、ボクたちの睡眠に関わるホルモンであるメラトニンの発生を少なくするものがあります。

ブルーライトは近い距離で浴びるとさらに効果が強くなるので、スマホを使っている場合はかなりの量があなたの身体に影響していると思ってくださいね。

 

ブルーライトの影響

 

  1. スマホから出たブルーライト
  2. メラトニンの発生が少なくなる
  3. 眠気が来なくなる
  4. 寝つきが悪くなる

 

しっかりとメラトニンが出て、あなたが自然な睡眠をできるように、ブルーライトカットをする必要があるということですね。

 

ブルーライトカット効果で体内時計を正常に動かす

寝る前にはスマホを使わないほうがいいというコメントをいろいろなところで聞きますよね。

これはとても正しいことで、スマホを使うと睡眠に入る時間がふつうよりも1時間から1時間半遅くなるという研究結果があるんです。

 

もちろんスマホを使っているからではなくて、スマホから出ているブルーライトが原因ですよ。

ちなみにブルーライトはスマホだけじゃなくて、テレビやおうちにある電気(蛍光灯)などからもしっかり出ているんですよ。

電気つけっぱなしでねれない理由がこのブルーライトと体内時計なんですね。

 

ブルーライトカットの効果体内時計を正しく動くようにして、自然な眠りのためのメラトニンを発生させましょう。

そうすることで自然な眠り(寝つき)ができるようになりますよ。

 

ブルーライトカットの効果的な方法

夕方以降にブルーライトをみない

ブルーライトカットをする上で1番理想的な方法は、ブルーライトになるものをみないということですね。

とくに夕方17時から18時をすぎたらブルーライトは極力減らすのが理想的です。

 

  • テレビ
  • スマホ
  • ゲーム
  • 蛍光灯(オレンジに変えればGOOD)

 

まぁとはいえスマホを全く使わないというのはかなり難しいことですよね。

というより今の人ではスマホを使わないのは無理だと思うので、ブルーライトカットの方法をいくつかご紹介しますね。

 

iPhoneやMacならブルーライトカット可能

ボク、シイプはiPhoneMacbook Proを愛用しているんですが、この2機種を使っているなら簡単にブルーライトカットができます。

 

 

iPhoneもMacも設定にはいっているナイトシフトを使うと、夜間は画面を少しオレンジにすることができます。

ブルーライトカットをした状態でiPhoneの操作をすることができるようになるというわけです。

設定→画面表示と明るさ→Night Shiftから設定ができます。)

 

どちらもいつもとは少し違う画面の見た目になりますが、画面がオレンジになることで目の疲れが減ってくるので快眠とダブルの効果がありますよ。

 

ブルーライトカットメガネやフィルムを使う

ブルーライトカットメガネとかフィルムって本当に効果があるの?って感じる人はかなり多いみたいですよね。

 

ボク、シイプはパソコンとスマホを使わないと生きていけない依存羊なので、1日の中でかなり使うんですよね。

夜寝る直前まで使っているので、目を閉じても脳が起きている(目が冴えちゃう)感覚がしてなかなか寝付けませんでした。

しかも目・首・肩へのダメージもすごくて、とても調子が悪かったんです。

 

ブルーライトカットはあまり信じていなかったんですけど、とりあえず現状を打開するために買ってみたら、目が冴える感じも減って身体へのダメージも少なくなったんです。

 

もちろんボクの身体ならという話なので、あなたがどうなるかは使ってみないとわかりませんからね。

それでも快眠疲労軽減のために試してみる価値はかなりありますよ!

 

まとめ

ブルーライトカットの効果で目の疲れ軽減&ぐっすり快眠!

ブルーライトはあなたの睡眠を妨げている最大の原因といっても過言ではないです。

まずはブルーライトカットの効果を体験して、自然な眠り(寝つき)ができるようになってくださいね。

 

  1. 自然な眠気には体内時計が大切
  2. ブルーライトは体内時計を狂わす
  3. ブルーライトカットで自然に眠くなろう

 

ちなみにブルーライトは朝から日中の間はしっかりと浴びて問題ありません。

むしろブルーライトがあるほうが集中力が高まるかもとも言われているので、日中眠くて集中できないって人はコーヒーを飲むのと一緒にスマホをいじるのもありですよ。

 

ただ夕方をすぎたらブルーライトカットの生活を意識的にしてくださいね。

 

ではボクはこの辺で・・・

おやすみなさい。

 

あなたの身体に合う睡眠時間の長さとは|睡眠の長さと影響が発覚 睡眠の”効果”とは?睡眠が与えるあなたへの影響を知る